白髪染めならヘナカラーがおすすめです。

髪の毛を傷めずに白髪を染めるならヘナ

白髪染めをするなら髪の毛を傷めないヘナカラーがおすすめです。

白髪染めならヘナカラー

ヘナをおすすめする理由

これだけ色々なヘアカラー材が世の中にあるのに、

なぜ、私がヘナカラーをおすすめするのか?


その理由は、以下の通りです。

  • 髪の毛を絶対に傷めない
  • 染めムラにならない
  • 簡単に染める事が出来る


髪の毛を絶対に傷めない

一般的なヘアカラー材には

・アルカリ材

・科学染料

・脱色剤


などが含まれています。




これらが髪の毛に作用し、色を付けているのですが、

確実に髪の毛を傷めてしまうんです。




これは、どんなに髪の毛に優しいとされているヘアカラー材でも同じ事です。


一般的なヘアカラー材は、高級トリートメント処理を施しても髪の毛を傷めてしまうんです。

(そもそも、トリートメントとは髪の毛を今以上、傷めない為に行うようなものなのですがね・・・)



美容院で、美容師さんにこんな事を言われたことはありませんか?

「髪の毛を傷めないヘアカラー材で染めますね~。」

って。


あれは、ですよ。


正確には、傷みが少ないヘアカラー材と言うべきでしょう。



アルカリ材や、脱色剤、化学染料が入っている時点で、髪の毛に負担は掛かります。


しかし、ヘナカラーに関しては絶対に髪の毛を傷めることはありません。


なぜなら、上記のような

・アルカリ材

・脱色剤

・科学染料


が入っていないからです。



ヘナカラーは基本的に100%植物性なので。


※商品によっては、少量のジアミンが含まれている事があります。

染めムラにならない

なぜヘナカラーで髪の毛を染めても、染めムラにならないのでしょうか?

理由は簡単です。


脱色剤が入っていないからです。


例えば・・・


黒い画用紙の上に、黒色のクレヨンで絵を描いたとします。

その時、絵はどのように見えますか?



ほとんど見えないと思います。


ヘナカラーは、それに似ているんです。


黒髪に塗っても、それほど大きな変化はありません。

白髪に塗ったら、ヘナカラーの色がそのまま着色します。



染めムラになりようがないんです。


もちろん、白髪と黒髪が混ざっている髪の毛の場合は、

白髪部分がメッシュ状に見えることもあります。



それが逆にお洒落な感じに見えたりするんですよね~。



簡単に染める事が出来る

ヘナカラーは簡単にお家で白髪を染める事が出来ますよ。

難しさゼロです。


手間は掛かりますがね・・・




やり方は簡単です。


少し大きめのボールにヘナカラーの粉を入れます。


そこにぬるま湯を少しずつ入れ粉を溶かしていきます。


マヨネーズ程の固さになれば、ヘナカラーの完成です。


それを、髪の毛にどんどんのせるように置いていきます。


ブラシ、ハケ、くし、などを使う必要はありません。



とにかくヘナを髪の毛に塗りこみ様な感じです。


手で!


手で揉みこんでいく感じです。


簡単ですよ~。


イメージとしては、髪の毛にヘナをのせて、もみもみです。


白髪の多い部分には、少し多めにヘナをのせましょうね。

>>高級ヘナカラーなら【SIMSIM HENNA COLOR】


トップへ戻る

RECOMMEND

ケノン

MENU

CATEGORY